読書の時間は減らせない

 ブログを書くのを土曜の夕食前にする。
 週日記をやめて、個別記事のみ公開する。

 というのが、この前決めた生活パタン。それに追加して。

 土日のHDD減らしを1時間減らす。2時間減る。
 減らした時間でブログ書き。90分×2日=180分。

 先週から、新パタン通りに過ごそうとしたのだけれど、土曜出勤を忘れていた。仕事を終えたあとは、帰って夕食を摂るので、夕食前のブログ書きなんてできやしない。先週が土曜出勤で、初めて気がついた次第。とはいえ、月に1度の土曜ではなく、月の3度の土曜を基本にした方が良い。基本は、土曜の夕食前にブログ書き、土曜出勤のみ、夕食後に書くか、日曜に書くことにする。
 そんなことを決めたあと。更に考えを進めて。土日のHDD減らしを減らそうと思った。
 HDD減らしというのは、録り溜めた録画番組の消化である。毎日の夕食時と、土日の午後を使っているけれど、最近、土日のHDD減らしに飽きてきた。番組が面白い、つまらないは関係ない。ビデオデッキからDVDレコーダに変えて、録画時間が増えたため、VHSのときなら録画しない番組まで録画してしまい、惰性で見る番組が多くなっていたのだ。
 予約録画を減らそうと考え、実践できないでいたけれど。この機会に予約録画を少なくしよう。そして、土日のHDD減らしを減らそうと。これまでは、というのは今の仕事を始めて作った生活パタンだけれど、土日の13時から17時までを充てていた。これを、1時間減らして、13時から16時までにしよう。HDD減らしを2時間減らし。
 空いた時間は、以降の予定を早めようと考えたけど、その時間をブログに使うのなら構わないかなと。読書の時間は減らせないけれど、惰性で録画番組を見ている時間なら、ブログ書きに使っても問題ない。それならば。土日のHDD減らしのあと、16時から17時30分までをブログ書き(CDWD)に使ってみようか。そんなことを、先週、今週の週末に考えていたわけですね。
 1週間で3時間、ブログに使うのはこれが限度か。もちろん、少なくなる分には構わない。最大で、3時間ということである。1週間で3時間なら、毎日25分、ブログを書いて更新すれば良いではないか、と思われるかもしれないが、それはできない。毎日書いたら、25分では終わらない。5分オーバ、10分オーバをくり返し、ブログに費やす時間が多過ぎる、やはりブログはやめよう、という考えに陥ってしまう。
 ブログをやめない程度に力を入れる、というのが微妙ではあるけれど。これがブログ書きに使えるベストな時間、ベストな時間帯であるかと。現時点の、積読本150冊と積読雑誌23冊がなくなれば、毎日ブログを書けるかもしれないけれど。現状では、土日の夕食前しか使えない。おそらくこれが、大阪暮らしの最終生活パタンになるのでは。というか、なるようにするように。
懐かしいなんて思う程 時間は過ぎていないけど

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析