箇条書き日記始めます

 タイトルを近況報告にすると、それに縛られることになるので、土曜の当日公開でもタイトルは統一しないことに。必ずしも、土曜に近況報告できるわけではない。今週は、箇条書き日記を試してみる。

 5カ月振りの残業生活、その2週目を終了。今週は3日。朝礼後、その日の仕事を上司に指示されるので、このときに来週の残業予定を訊いているのだが、まだ解らないと言われてしまった。夕方までに考えておくと言われたけれど、おそらく決まっていないだろうと思った通り、忘れられていた。まあ、来週の予定が解っていれば安心できるというだけで、仕事帰りに用事があるわけではない。当日の朝、今日は残って欲しいと言われても、充分に対応できるのだ。とりあえず、確定しているのは月曜のみ。
 残業というと、湾岸倉庫のイメージが強い。それまでの仕事が残業のない本屋で、初めての残業ということもあるのだろう。繁忙期は毎日残業、会社カレンダに関係なく休日出勤。社員もバイトも、残れる人はいつまでも残れと。電車の都合で、僕は遅くても22時30分までしか残れなかったけど、この時間は電車が少なく、行きは1時間で来れた距離に、1時間半も掛かってしまうのだ。帰ったら次の日になっている。そのため、残業が毎日ではなく、2時間に固定してもらい、休日がちゃんと休みという今の職場に、最初は驚いてしまった。

 9月の土曜出勤は、3月と同じで、社員が研修だかなんだかで午後から出掛けるので、仕事は午前中だけの日である。という予想は間違っていなかったけど、3時間勤務のはずが、3時間半になっていた。上司に訊いたら、部署ごとに終わる時間が違っていたみたい。それを今回から統一するとのこと。違うと言っても30分で、おそらく、昼休みのチャイムに合わせるか、正午ぴったりに合わせるかのどちらかなのだろう。3時間なら休もうと決めていたけれど、午前中だけと言われて言い出せなくなってしまった。もっとも、半年前は上司に休んでも良いと水を向けられたから迷っただけで、こちらから休みますとは言いにくい。来週は5.5連勤。
 ただし、昼食は摂らない。前回は、出勤しているのに安い昼食を食べないのはもったいない、と思って食事をしたけれど、全員が同じ時間に仕事を終えるとなれば、食堂が混雑するのは必然である。いくら安い昼食であっても、混雑の中で食べる気はない。しかし、これで納得した。半年前、仕事を終えてタイムカードを押したとき、誰にも会わなかったのだ。機械調整をしている社員は別としても、パート・アルバイトの人たちもいない。それに、他の部署はまだ仕事をしているような雰囲気があった。このときは、社員がいなくても仕事ができる、長期勤めたパート・アルバイトの人たちなのだろう、と思っていたけれど、30分後にはみんな帰っていたのだ。半年振りに謎が解けたわけだが。訊けないことは、自分なりに納得しておけば良い。本当かどうかは関係ない。

 盆休みに駿河屋へ送った小説とDVD。買取金額は3158円。送料に850円掛かっているから、実質2308円である。1商品100円で売れれば1800円、それくらいで良いと考えていたので予想よりも高い。すべての商品を査定した合計を知らせるかんたん買取なので、どの商品がいくらなのかは解らないけど。高く売るのが目的ではなく、使わない商品を処分するのが目的なので問題はない。
 駿河屋は毎年2回、盆休みと年末年始の利用を考えていたけれど、年に2回利用したのは、最初の1年だけである。以降は、盆休みだけ。年末年始に無職になって、商品を売るどころではなかった、という状況もあるけれど、基本的に、買ったものを売ることはない。ただ、これは今後使うことはないだろう、と思う小説やCDやDVDがあったので、それらを処分するために、駿河屋に売ることにしたのだ。売るものはあらかた売ったので、今後は、ブックオフみたいな、その場で買い取ってくれる店を利用するかもしれない。

 盆休みにできなかったオーディオコメンタリー視聴。これを9月中に始められれば。映画番組は盆休みにすべて見たので、その代わりにオーディオコメンタリーを視聴すれば良いのだが、録画番組の消化を優先してしまっている。それこそシルバウィークに、と思ったけれど、祝日出勤の職場なので、休みは敬老の日だけである。基本、週休2日と考えておいた方が良い。

 蛭子能収の『ひとりぼっちを笑うな』、森博嗣の『孤独の価値』を読み終わり。友達がいないから死にたい、と考えている人にお薦め。中学卒業以降、家族にも他人にも馴染めなかった僕には、友達がいないから死にたい、という感情が解らない。かといって、死にたいと考えている人に、死なないで欲しい、とは言えない。

 8月31日に、本ブログのアクセス数が50000に到達した。アクセスが50000ということは、記事を読んでくれた人は5000人くらい。実際はもっと少ないので、希望的観測である。とはいえ、読んでくれる人がわずかでもいるのは嬉しい限り。この記録は、書いた僕の記録ではなく、読んでくれたあなたの記録である。ありがとうございます。

 という感じで箇条書き日記を試してみたけれど。長いな。1内容を2行か3行で、10内容くらい書く、というつもりでいたけれど、長くなったのでここまで。とはいえ、書きやいと言えば書きやすいので、箇条書き日記と続けてみようと思わなくもない。
お金がないから我慢しよう、というのは「我慢」なのか?

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析