託けばかりの日/こんちくしょうばかりの日

 今週の前半はいろいろと託けて酒を飲み、後半いろいろとこんちくしょうなことがあって酒を飲んでしまった。3度目の残業生活が始まって3週間、ここ2週は週4日の残業だったけど、1日も休むことなく、残業を続けることができた。できたわけだけど、二日酔いの重い頭で仕事をするのはこれ以上避けたい。何かに託けたり、こんちくしょうと思うことがあったりして、毎日酒を飲んでしまったのだが、そもそもの原因に、月の食費をオーバしてしまったことが上げられる。
 僕はひと月の食費目標を1万5000円にしているのだが、早々にオーバしてしまい、月末まで食料を購入しないで過ごすのは無理だ、と思った場合、今月はもういいや、来月から頑張ろう、と開き直ってしまうことがある。本来なら、オーバする食費を最低限に収めるべきなんだけど、意志の弱さが露呈してしまうのだ。あと1週間なら、今ある食料でなんとかなるかもしれない、けれど、3週間はなんとかなるわけがない。食料を買うしかない。なら、酒も勝手しまおうという牽強付会。それが今月、炸裂してしまったわけである。へたれさ炸裂。

 平日買物不可。酒は週末のみ。
 体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。
 ムカつきや腹立ちで酒を飲むのなら、そのとき限りにしておく。
 
 これまでに何度も書いているけれど、守れるまでは書くしかない。飲むのは特別な日、特別な時だけ、と少し前に書いたのだが。平日を特別な日にしてどうするのか。こんちくしょうと思った日を特別な時にしてどうするのか。なんだかんだいろいろと考えてきたけれど、平日に酒を飲まないことが前提。どうしても腹立たしいことがあって、どうしても飲まなければ気が落ち着かない、という場合だけ、平日の酒を良しとする(余り良しとはしたくないのだが)。
 酒自販機の利用は、スーパやコンビニだと、酒の他にツマミやら弁当やら惣菜やらを買ってしまう可能性があるので、自販機で酒1本だけを買って済まそう、と考えてのことだった。それがいつの間にか、平日の仕事帰りにスーパやコンビニに寄るのは不可だけど、自販機で酒を買うのは良い、という考えに変わってしまっていた。なんだこれ。どうして自分に都合良く解釈してしまっているのか。そもそも、仕事帰りの自販機利用というのは、100円コーラの購入だったはず。まったく、酔いどれ小籐次でもあるまいに。

 酒の話をしております。相変わらず、飽きもせず、未だに酒の話を続けております。

 何よりも不味いのが、仕事を終えて、帰ってきて酒を飲むと、そのままばたんきゅしてしまうこと。当然、読書などできない。4月に入って3週間、1冊も本を読んでいないのだ。小説も、漫画も、文芸誌も何ひとつ。さすがにこれは不味過ぎる。身体的にも精神的にも金銭的にも。それに、酒を飲んで寝ると、睡眠時間が長くても、疲れがほとんど取れない。悪いことばかりである。ここはもう、初心に返らなければ。土日が休みなので、本来は金土だけにしたいけれど、休日ということで日も入れて金土日。酒を飲むのは週末の金土日のみに。平日の酒をやめれば、毎週豪遊ができるのだ(宮本むなしや、すき家へ行く程度だが)。それに、平日に飲んだらいけないと思いつつ飲むよりも、休日だから飲んでも良いと思って飲む方が気持ちがずっと楽になる。
 
 そんなわけで、いい加減、酒飲みの決まりを守ろう。酒を減らすための決まりというか。このままだと、僕のブログの半分は酒飲みの記事で占められています、となってしまいそうだ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

コメントの投稿

非公開コメント

酒飲みの記事ばかりで良いじゃない

程良くダメ人間感がある方が人としては魅力的なのでしょう。読書したりニュースを見たからといってそれがそのまま知識として蓄積される訳では無いので、それよりは酒飲みの時間を優先すべきでしょう(´・Д・)」

Re: 酒飲みの記事ばかりで良いじゃない

C_さん
コメントありがとうございます。

気持ち良く酒を飲めれば、それを書くのに抵抗はないのですが。僕の場合、マイナスの感情で飲むことが多いのです。そのような状況でブログを書いてしまうと、なんでこんな記事を書いて公開しているのだろう、と酔いから覚めたときに愕然としてしまいます。楽しく酒を飲める時間が、作れると良いのですが。
あのねこながい。
最新記事
最新コメント
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析
制御用ソース