今日から350ml

 酒は350ml。1本のみが守れなくても、350mlのみは守れるはず。
 決めたことを訂正するとき、それが賢明な判断なのか、苦しさから逃げているのかが、自分では判断できない。守れない決まりを作るのは単なるバカで、守れる決まりしか作らないのも単なるバカである。頑張ればどうにか守れる、というぎりぎりのラインが理想。月の食費1万5000円というのが、数年の食費を鑑みて設定した目標で、これがベストラインである。
 酒は1本のみ、という決まりをいつ作ったのかは忘れたけれど、これがほとんど守れていない。しかも、500mlを数本買ってしまうこともざらにある。数本買うなら350mlにしよう、という決まりも守れていない。原因ははっきりしていて、というか、それを理由にだらだら買っていたわけだけど。食料を買いに行く自宅最寄りスーパでは、度数の高いチューハイが500mlしか売っていない。このチューハイだけは例外として買おう、という考えが、他の酒も500mlで良いだろう、という考えに繋がってしまったのだ。
 今回改めて考え直してみたところ。べつに、このメーカのチューハイじゃなくても構わないのだ。味の違いが解るほどの通ではない。度数の高いチューハイが欲しければ、スーパで食料を買ったあと、同じ通りにある酒屋の自販機で、度数の高いチューハイの350mlを買えば良い。これだけのこと。他のスーパやコンビニでは、350ml、500mlの両方を売っているのに、500mlしか売っていない最寄りスーパを前提として考えていたのだ。 冷静に考えていたつもりで、自分に都合の良い決まりを作っていたという。まったく、どれだけバカなんだよ。とはいえ、飽きもせず、酒のことを何度も考え続けたおかげで気づいたと言える。
 週末、休日になると、数本飲んでしまうことが多く、500mlだといろいろ危ない。安全を考えて、350mlをデフォルト設定にしておくべき。それが守れるようになれば、度数の高いチューハイをやめて、普通のチューハイだけにする、という段階に進める。ビールや発泡酒はだいたい、アルコール度数5パーセントだから、度数の高いチューハイではなく、普通のチューハイで充分なはずなんだよ。酔い足りないこともあるだろうけど、ばたんきゅするよりはずっと良い。
 ともかく、500mlを飲んでしまう足枷は外すことができた。従来からの決まりを合わせて、酒は週末のみ。350mlのみ。を守るよう。
 
 この記事が公開されるのは、早くても1週間後、遅ければそれ以上あとなので、そのときに守れているかどうか。未来日記みたいだな。いや、違う。この記事を読むときには、既に過去のことだから、いつも通りの過去日記ではないか。とにかく守れ。酒飲みの決まりを守れと。
できるだけのことをするとは、できないことはしないという意味。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析