夏への扉

 部屋着。
 半袖Tシャツ。ポロシャツ。
 薄いズボン。イージーパンツ。 
 薄いハーフパンツ。ハーフパンツ。
 半ズボン(2枚)。

 現在は、半袖Tシャツかポロシャツに、薄いズボンかイージーパンツで過ごしている。更に暑くなれば、ハーフパンツや半ズボンと、ズボンの丈が短くなっていくのだ。半ズボンは、高校生のときに使っていたもの。これは当然、ひとり暮らしで、部屋に僕しかいないからである。郵便や宅配を受け取るときは、面倒だけど、外出用の服に着替えている。

 寝床。
 布団敷パッド(夏面)を使う。
 バスタオルを掛け布団代わりに。横にして腰の辺りに掛ける。

 これまで使っていた薄い掛け布団の寿命が来たようで、夏に使える掛け布団がなくなってしまった。というか、14年も使っていれば当然か。ただ、実家に帰ると決めている現状で、新しい布団を一式買おう、とは思えなくて。大きなバスタオルで代用している次第。これまで気づかなかったけど、夏の時期はこれで充分だと解った。買いたいものは他にもあるのだが、じきに実家へ帰るのだから、という理由で買い替えられないでいる。本当に帰るのか怪しいんだが。
 
 暑さ対策。
 扇風機(タワーファン)。部屋と台所との仕切り扉を開けておく。
 クーラを使うときは、28度設定の3時間タイマ。風速は自動。涼しくなったら消す。

 基本、扇風機で過ごす(住んでいるわけではない)。かつては、クーラの設定温度を30度にして。1日4時間、月のクーラ代を3000円以下に抑えていたものだけど。去年くらいから、暑いときは普通にクーラを入れるようになった。28度設定でも充分に涼しい。無職の時期は、電気代をできる限り節約していたので、有職になっても、同じことを続けていたみたい。働いているのだから、クーラ代くらい払える。もともと、冷えるのは苦手なので、がんがんに掛けるというようなことはしない。

 冷蔵庫。
 温度調節は4に(6段階で6がもっとも冷える)。
 冷凍庫のドアポケットで冷やした麦茶を、サーモスのステンレスポットに入れる。
 冷蔵庫で冷やした麦茶を、氷と一緒にサーモスのステンレスポットに入れても良い。

 冷凍庫に入れると、きんきんに冷えた麦茶ができるけど、お腹を壊す怖れを考えると、冷蔵庫で冷やした方が安全かもしれない。

 麦茶。
 夏は麦茶を煮出したあと、すぐにティーパックを取り出す。

 そのままにしておくと、でろでろどろんどろんの、どろり濃厚腐敗麦茶になってしまうのだ。
生徒を幸せにできる魔法などなく、それができるのは、ただ愛情だけだ。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析