こんなにもしんどい仕事は初めてだ

 5カ月振りに僕の作業は定位置に戻り、運び屋にやきもきすることもなくなった。ひゃっほーい! と喜んだのも束の間。翌週に新しい派遣の子が入り、僕の平穏はわずか3日で終わってしまう。なんだこのぬか喜びは、と思ったけれど、ここ5カ月と同じ状況に戻るだけである。それなりに慣れてきたので、これまでと同じように仕事をすれば良い。そう考えていたのだが、これまでとは違う状況に陥ることになるのだ。
 
 何が違うかというと、これまでの派遣の子は、午前中のみの手伝いだったけど、新しい子は1日中。つまり、僕の作業場に配属されたのだ。初日、2日は、特にどうということもなかった。定位置は諦めよう、僕はこの場所で仕事をするしかないのだ、と思い込ませるくらいである。変わったのは、新しい子が入って3日目である。僕の仕事がなくなったのだ。なんだそれは。
 前の子のときと同様、本来は僕がひとりでやっていたメイン作業のいくつかを、新しい子が担当していた。午前中だけではなく一日中なので、新しい子は、前の子よりも多くの作業をこなせることになる。その結果、僕がするはずの作業も新しい子に回されていしまい、僕のする仕事がなくなってしまった。新しく入った子に、仕事がないから、とは言えないだろうけど、なんだこの仕打ちは。
 まったくなくなったわけではなく、社員用の機械と、材料を入れる数台の機械がある。今日はこれでやってくれんか、と上司に言われたので、解りました、と答えるしかない。社員用の機械は、材料を1個ずつ加工するもので、材料をセットする、加工する、終わったら削り屑を処理して、次の材料をセットする。そのくり返し。加工している時間に、他の機械に材料を入れにいくことになる。ただ、これがきつい。
 社員用の機械が材料を加工するのに掛かる時間は、1分30秒くらい。その間に、他の機械に材料を入れに行くわけだが、これらの機械は、材料を複数セットすることができるので、ある程度の数を入れてしまえば、しばらくは追加の必要がない。10分、20分放っておいても平気である。
 つまり、10分か20分に1度様子を見に行けば良い機械を、1分30秒の間隔で見に行っているのである。当然、材料はほとんど加工されていない。ようやく1個加工されたので、新しい材料を1個入れる。複数セットが可能な機械で、1個ずつ材料を入れるとは。アホウとしか思えない。
 社員用の機械の前で、加工されるまで待っていれば良いのだけれど、それは余り良くない。作業場の従業員自体は少ないけれど、偉いさんが来たり、他の部署の人が来たり、運び屋が来たりと、人の出入りが多いのだ。そんな中、機械の前でぼうっと突っ立ている姿はアホウとしか思われない。
 だから、短くできる作業を、長く引き伸ばすのはアホウらしいと思いながらも、上司に言われた以上は続けるしかなかったのだ。今日限りだから諦めよう。明日には何か用意してくれているだろうと。そう考えて、とにかく仕事を終えたのだが、翌日になっても状況は変わっていなかった。なんでやねん。しかも、残業を頼まれるって。要するに、僕が社員用の機械を扱っているから、これだけは進めて欲しいってことなんだよ。ただ、メイン作業のほとんどは、新しい子に回しているので、僕のする作業がない状況は変わらない。
 1日ではなく、半日だけの手伝いにしてもらえよ、と思ったのだが、そんなことを言えるわけがない。アホウのような仕事を、これが普通だよ、と思るように慣れるしかないのだ。これまでに、仕事がきついとか、時間が長いとか、同僚の頭がおかしいとか、しんどい仕事はいくつもあったけど、こんなにもアホウな理由でしんどい仕事は初めてだ。これがちょうど、「泣いて泣き喚いて泣き止んだから」のころである。キッチンオリジンの唐揚げスプラッシュもこの時期のこと。
 こんなにもしんどい仕事が続くなら、せめて定時上がりにしてもらおう、仕事もないのに残業はできません、ときっぱり断ろう。そう考えて、翌週の仕事へ行ったのだが、上司に残業を頼まれて、解りましたと答えてしまった。なんてことだ。冷静に考えれば、これまでよりも少ない仕事量で、これまでと同じ額の給料がもらえる。ただ、やらなくて良い仕事をやる、あえて時間を掛けて作業をするのがとんでもなくしんどいのだ。
 これを理由に辞めてしまおうかと考えたけど、無断欠勤を経て復活したこともあり、僕の気持ちが台無しになってしまう。それに貯金もまったく増えていないので、簡単に辞めることはできなかった。
 ただ、この作業場に新しい派遣を入れたのは上司ではなく、もっと上の人たちだろうから、この状況をなんとかして欲しい、と言っても変わらないような気がする。僕がアホウになれば良いだけのこと、諦めたその矢先。新しい子が仕事を辞めた。前の子と違い、本当に唐突に辞めたようである。なんてことだ。
 それにより、僕の作業も定位置も、10日振りに戻るのだが、ひゃっほーい! とは喜べない。すぐに新しい派遣が入るとは限らないけど、いずれまた入る可能性はある。とはいえ、さすがに今回の一件で、僕の仕事がなくなることに上司も気づいただろうから、次に派遣を回されることがあっても、たまの手伝いとか、午前中だけとか、それなりの融通を利かせてくれると思う。たぶん。

 ここまでが、僕の仕事に於ける最新状況。変化があれば書くけれど、それまでは、これまでに書いていなかった仕事のことを書いておこう。仕事のことだけでも、現在に追い着かないと。仕事以外の過去のことは、まあ、仕事のことを書いたあとに追い追い。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析