今月のおすすめ

星籠の海(上) (講談社文庫)星籠の海(上) (講談社文庫)
島田 荘司

講談社 2016-03-15
売り上げランキング : 6820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

星籠の海(下) (講談社文庫)星籠の海(下) (講談社文庫)
島田 荘司

講談社 2016-03-15
売り上げランキング : 7032

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今月のおすすめは島田荘司の『星籠の海』。
 ただのミステリ作家はいくらでもいるけれど、片隅の人々の思いを書ける、書いてくれるミステリ作家は島田荘司だけ。ミステリというジャンルで、謎解きが重視になるのは当然だとはいえ。思いや気持ちをちゃんと書いて欲しいと思うのだ。それを実践してくれる、島田荘司に惹かれないわけがない。

「ぼくはヒロ君に悪いことをした。それはもう、永遠に取り返しのつかない失態だ。彼をいじめていた教会の信者の子たち、ヒロ君が連中に復讐しようとしていたんです。僕はそれを止めてしまった。おとなになったら後悔するからって。後日、ヒロ君は、同じことを僕に言った。おとなになって後悔したと思うから、止めてくれてよかったって。だが彼は、おとなになることなんてなかったんだ。それなら、やれせてやればよかった」
(星籠の海/島田荘司)

戦うことで、安全が保障できるという幻想がある。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析