土曜出勤を考える

 本来なら、盆休みの過ごし方を書くつもりだったんだけと、予定を変更して土曜出勤のことを書いてしまおう。記事の入れ替え、公開の順番を変えることはざらにある。といっても、盆休み明けの土曜出勤のことではなく、土曜出勤全般のことになる。

 土曜出勤は6連勤のみ、と思っていたのだが、それは勘違いだった。今年の盆休みのように、連休が週初めに掛かる場合、月曜の祝日が休みになる場合は、土曜が出勤になる。つまり、6連勤、週初めの連休、月曜の祝日がある週は、土曜出勤の可能性が高い。会社カレンダを調べたら、毎月1回は土曜出勤になっていた。この中には、昼までの土曜出勤も含まれているので、必ずしも、定時上がりの土曜出勤が毎月あるわけではない。
 昼までの出勤であれば、帰ってからパタン通りに過ごせば良いのだが、定時までだとそうはいかない。結局、土曜出勤のたびに、ブログを土曜に書くか、日曜に書くかを迷ってしまう。どちらも、読書の時間を減らして書くことになるので、どちらでも良いと言えばどちらでも良い。日曜にプラスアルファのブログ書きの時間を作ったけれど、月に1回あるかないかなんだし、土曜でも日曜でも書きたいときに書こう。この件を考えるのはもう終わりに。

 土曜出勤が他の曜日と違うところは、まず電車のダイヤが変わる。
 といっても、いつも乗っている電車より1分早いだけなので、出勤時間は変わらない。ただ、乗り遅れると、平日なら5分後に来る電車が10分後に来るので、遅刻ぎりぎりになってしまう。土曜だけは、時間に遅れることなく家を出なければいけない。
 最初の電車の時間が変わるということは、乗り換えの電車の時間も変わる。その駅のホームでは、僕の派遣先の社員が電車を待っている。最初は、似たような人がいるな、と思っていたのだが、土曜出勤の日は必ず見掛けて、降りる駅も僕と同じだった。さすがにこれは、似ている人ではなく、社員本人ではないかと思い始めた(確認はしていない)。
 最初は挨拶をした方が良いのか、と考えたけど、何もしないでやり過ごすことにした。同じ職場へ同じ交通機関を使って行くのなら、上司や同僚に会うこともある。これは湾岸倉庫のときも迷ったのだが、駅や電車で会う人に挨拶をしていたらきりがない。面倒だ、億劫だ、という気持ちも強い。そんなわけで、駅や電車で職場の人間を見つけても、挨拶をしないことに決めた。
 挨拶をしたら、なんとはなしに、職場まで一緒に行かなければいけない、という感じになってしまうだろう。親しくない人と挨拶をして、電車の中で気まずくなるくらいなら、挨拶をしないで気まずくなった方が良い。これはべつに、相手が苦手だとか、嫌っているというわけではない。余程親しくしている人でなければ(そんな人はいないんだが)、外で会ったときに挨拶をすることはない。
 あとは単純に、似ているけれど違う人かもしれない、と考えてしまうからである。さすがに、職場付近で見掛ければ、この会社の人だと解るけど、駅や電車では怪しい。その代わり、職場で会った人たちには、きちんと挨拶をしている。

 土曜出勤は人が少ない。
 社員でも休む人はいるけれど、毎回休むのは嘱託社員だということが解った。僕は最近まで、定年後の再雇用を嘱託社員と呼ぶことを知らなかったので、このブログでは準社員と書いてきたけれど、これからは嘱託と書くことにする。
 つまり、ロッカのおっさんや、別場所の年配社員は、嘱託社員だったわけである。逆に言うと、結構な歳のように見えても、土曜に出勤しているのなら、嘱託ではなく正社員ということだろう(確認するなんてことはできないが)。パートのおばさんや、アルバイトのおっさんたちも休むことが多いので、土曜の職場は人が少ない。いつもとは違った新鮮さがある。仕事内容は変わらないんだけど。

 土曜日は残業がない。
 これまでのところ、土曜に残業を頼まれたことはない。午前中で終わるか、定時上がりかのどちらかである。土日が休みなら、金曜の残業でもなんとかやろうと思えるけれど、休みが日曜だけで土曜が残業というのはできるだけ避けたい。このまま定時上がりが続いてくれますように。
 残業続きの6連勤でも構わない、と意気込んでいたこともあったけど、そんな気持ちは今はもうない。泥沼へたれ5連続欠勤のあとに、残業は週3日に変えてもらえるよう頼んだけれど、いつの間にやら週4日に戻っている。残業代がなければ、社会保険料を払うのが厳しいし、更には住民税を払わなければいけないので、残業をやめるにやめられない。住民税については近いうちに書くよ。「鴨葱にされる」みたいなタイトルで。
 
 作業服を1日で乾かしていた。
 去年、夏服上下を1着しか持っていなかったころは、土曜に作業服を持ち帰り、日曜に洗濯して乾かして、月曜に持っていかなければならなかった。慌ただしいことこの上ないし、週末の天気が悪ければ、乾かないこともあり得る。最悪、天気によってはもう1週続けて着ることもあった。夏服が2着になったので、そのせわしなさはなくなった。上司と一悶着あったけど、今になってみれば、買っておいて良かったと思える。折れるときには、きちんと折れておこう。

 帰りの電車の時間も変わる。
 とはいえ、残業とは違って、駅まで走る必要はない。しかも、乗り換えの電車の待ち時間が少ないので、平日の定時上がりよりも、数分だけ早く帰ることができるのだ。そして、夕食以降がパタン通りになる。

 みたいな記事を、土曜に書いて公開するつもりだったんだが。酒飲みばたんきゅで遅れてしまった。ぬわーん。盆休みの過ごし方も遅れそう。公開の順番を変えるかもしれない。

 そんなわけで先週のオチ。
 20日の土曜は、仕事帰りに宮本むなしへ寄って、豚しゃぶ定食(胡麻ダレ)を頼むと決めていたのだが、食堂のメニューが豚しゃぶ定食だった。なんてことだ。少なからず動揺していた僕は、数種類あるドレッシングの中から、胡麻ダレドレッシングを掛けてしまった。なんでやねん。
 豚しゃぶは確かにうまい、とはいえ、昼食と夕食で続けて食べるのは避けたい。宮本むなしで別のメニューを頼めば良いのだが、全メニュー制覇の最後の1品が、豚しゃぶ定食(胡麻ダレ)なのだ。別のメニューに変えることはできない。午後の仕事中、夕食をどうしたものかと考えていた。その結果、宮本むなしを先送りにして、最寄りスーパで割引弁当や総菜を買うか、コンビニで酒とつまみを買って、食事を少なくするのが妥当だろう、という結論に落ち着いた。
 それなのに、仕事帰りに宮本むなしに寄って、豚しゃぶ定食(胡麻ダレ)を食べているのだ。なんて豚しゃぶばかりの日。
戦うことで、安全が保障できるという幻想がある。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析