盆休みの過ごし方

 予定では、盆休み最終日に「盆休みの終わり」という記事を書くつもりだったけど、予定は未定で終わってしまった。「盆休みの終わり」では明らかに誤解を招くので、「盆休みの過ごし方」にタイトルを変えた。読み手の判断に任せるダブルミーニングタイトルを使うこともあるけれど、あれはどちらに取られても構わない場合で、今回のように間違いを誘うようなときは使わない。フェアプレイを心掛けたい。

 初日。コメンタリ。
 2日目。コメンタリ。
 3日目。HD(録画番組)。
 4日目。読書。
 5日目。土日パタン。ゲームあり。
 6日目。土日パタン。ゲームなし。

 というのが、盆休みに過ごした各日のメイン要素。友達と遊びに行かないのとか、実家に帰らないのとか言わないように。連休はひきこもるのがデフォルト。上記はすべて、2時間、3時間の執筆を終えてからのことなんだけど、執筆時間を統一できなかったのが反省点か。執筆開始が遅れると、以降の予定も遅れてしまう。執筆時間を8時から10時と決めたのだから、それは確実に守るべき。今後は気をつけなければ。
 オーディオコメンタリの視聴に、3日か4日を使うはずだったけど、わずか2日で終わってしまった。というのは、『リトルバスターズ!』『リトルバスターズ! ~Refrain~』 『絶園のテンペスト』の、1話につき1件コメンタリが収録されていると思っていたのだが、1巻に1件しか収録されていなかった。『絶園のテンペスト』のイベント映像を含めても、予定よりも早く聞き終える(見終える)ことができた。1.3倍速を使ったことも大きい。これがDVDレコーダの真骨頂。
 1日目に『リトルバスターズ!』『リトルバスターズ! ~Refrain~』、2日目に『絶園のテンペスト』を終えて、3日以降は土日パタンにしようと考えたけど、本来はコメンタリに使っていた時間だったから、3日目はHD(録画番組)を見ることを優先し、4日目は読書を優先した。返却期限の都合で、図書館から借りた本を優先することはあるけれど、ほぼ1日中、録画番組を優先して見ていたのは、これが最初で最後になるかと。
 最終2日を土日パタンで過ごすのは予定通り。最終日にゲームがなかったのは、連休も終わりということで、夕方から、ぐたぐただらだらと飲み始めてしまったからである。これはまあ、普段の土日休みでも同じようなことなので、予定外というものではない。だから、執筆開始が統一できなかったこと以外は、ほぼ予定通り。というか、予定以上に過ごせた盆休みだった。

 それなりに外出はしていて。買い物とか図書館とか。1カ月か3カ月か迷ったものの、3カ月の定期券を買った(1カ月を買うより、1560円の得になるのだ)期限内に仕事を辞める場合は、払い戻してもらえば良い。連休の大半は部屋にいて、暑いと思えばすぐにクーラを入れたので、来月の電気代が心配なところである。そして最終日は、酒焼けに気をつけて、飲む量を控えたはずなんだが。
 あろうことか、盆休みを引き延ばしてしまった。しかもこの日は、体調不良ではなく、感情不良を治すためにと、欠勤の連絡を入れたあと、宮本むなしでハンバーグカツ定食(とんかつソース)を食べ、帰りに酒とつまみをコンビニで買い、ぐたぐただらだらと過ごしている。それは、盆休み最終日に終えているはずだろ。何をくり返しているのか。そのせいで、給料7000円と、飲み食いに使った2000円、合わせて9000円近くを失ってしまう。
 例によって、うまい定食を食べて、好きな酒やつまみを飲み食いしている間は気持ちが落ち着いているものの、それらが終わって夕方になると、どうして休んでしまったのか、とにかくえいやっと行けば良かったのではないかと思い始めるのだ。そして何もする気が起きず、12時間以上寝ることになる。明日は休むわけにはいかない以上、早くに寝るのは悪くないけれど、このような気持ちの上下は余り良くない。
 欠勤の翌日の仕事が精神的にもっともつらいのに、どうしてそのようなことをくり返すのか。いい加減にもうやめろ。休み明けの欠勤が長引いて、そのまま辞めたことがどれだけあったことか。どうにか仕事に行ったことで、ようやくほっとする。欠勤の末の退職は避けられた。辞めるときは、きちんとした形で辞めなければ。同じことをくり返してはいけない。
 職場で会った人たちに挨拶をして、休み明けに休んでしまって申し訳ありません、と上司に謝ることができたことからも、ひとりぼっちで1週間近く過ごしたからといって、声が出なくなるわけではない、ということが証明された。つまり、連休明けに声が掠れるのは、酒焼けが原因である。って、そんなことを確かめるために欠勤したわけではない。これ以上、休むことなく仕事を続けなければ。

 と無理やりながらも気持ちを前向きにさせたのだが、帰ってみると市府民税の納付書が届いていた。第2期、第3期、第4期と。第2期の納付期限が8月31日なんだけど、そんなお金どこにもないよ。今月の家賃でさえ、期限までに払えるかどうかが怪しいんだから。全く以て、どうしろというのか。──to be continued.
やればできる、という台詞は、言えば言える。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析