100年振りに家賃の支払いを遅らせる

 なんだかんだで家賃を支払うことができていたので、今月もなんとかなるだろうと思っていたけれど、なんとかならなかった。いや、支払うことはできるけど、その場合、次の週払いが入るまで、所持金なしで過ごさなければいけなくなる。持っているけど使わない、ではなく、使えるお金を持っていない、という状況に陥ってしまう。これは不味い。地下鉄の事故が起きたら仕事に行けないし、急遽お金が必要になったときに右往左往するだけである。家賃が引き落とされたあとではどうしもない。
 その前に、最低限のお金を口座から下してきた。これで来週を生き延びることができる。今月の家賃は、次の週払いが入ってから、5日遅れて払うことにしよう(こういうアンフェアなことをするから、管理会社に早くアパートの給湯器を直せよ、と言えなくなるのだ。言いたいことを言えるのは、自身がフェアに接しているときだけである)。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析