ようしそうだ、夜干しの復活だ!

 夜に洗濯物を干すと朝には夜露で濡れてしまい、年末以降は控えていたけれど、寒さが峠を越えたようなので、久し振りに夜干しを試してみた。2月19日のことである(夜に干すのは、タオル、パンツ、靴下といった、洗濯バサミで留めるものだけ)。
 確かに湿ってはいるけれど、年末のように、夜露でぐっしょりということはない。そのまま昼間も干し続け、仕事から帰ってきて取り込んだところ、ちょうど良い具合に乾いていた(残業のときは冷たくなるけれど)。これくらいなら許容範囲。
 土日だけではすべての洗濯物を乾かすことができず、寒い時期は平日の朝に干すことになるけれど、朝というのは出勤前に干すということである。これは慌ただしいので、夜に干して仕事から帰って取り込むというのが望ましい。最低気温が0度を超えるようになれば、夜干しが可能だと覚えておこう。
 
 気になるのは、夜に干した洗濯物が朝になって濡れていたことがあったのか、ということ。いや、前の記事ではそう書いたんだけど、僕には覚えがない。何を言っているのか解らないと思うけど、僕も良く解らない。ひとり暮らしを16年以上続けて、炊事、洗濯、掃除など、自分でやっている。朝になって洗濯物が濡れていたのは、今回が初めて。これはいったいどういうことか。
 考えられるのは、ある程度寒さが厳しい時期になると、夜干しをやめていたのだろう。これなら、夜露で濡れることを知っていても、実際に濡れた洗濯物を見たのが初めてだったことに説明がつくう(つまり、夜干しをやめていたことを忘れていた)。あるいは前述のように、かつてあったことを忘れているというだけか。ただ、僕には忘れた覚えがない。まあいいや、これからは夜干しができることを覚えておこう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示