淡麗生or氷結ストロング

 酒は淡麗生のみにする、度数の高いチューハイをやめる、という決まりが守れないので、酒は淡麗生か氷結ストロングに限定することにした。無理なら仕方ないけれど、とりあえず試してみよう。ストロングゼロより氷結ストロングの方がうまい、ということではなく、自動販売機の問題である。
 仕事帰りに寄ることの多い、地下鉄近くの酒自販機では、度数の高いチューハイはストロングゼロダブルレモン(500ml)しか売っていない。ここで買うなら淡麗生(350ml)なんだけど、えいやっとダブルレモン(500ml)を買ってしまうことがある。去年までは350mlをほぼ徹底できていたけれど、今年になって500mlを買う機会が増えている。これは当然、1本だけにするんだからな、と決めてのことだけど、追加の酒を買ってしまうのが不味い。それが500mlだと更に不味い。
 図書館近くの酒自販機では、かつてはハイリキ ザ・スペシャルカシスオレンジ、今だともぎたてぶどうを110円で売っている。図書館帰りに買うのが定番になってしまった。不味いのは、ここで買って、食料購入時に更に買ってしまうことである。度数の高いチューハイを2本続けて飲むと、ばたんきゅ一直線。休日の午後を台無しにしてしまう。それを避けるため、土曜に食料購入、日曜に図書館と分けてみたけれど、これは3週しか続かなかった。明らかに効率が悪い。
 氷結ストロング シチリア産レモンは、自宅近くの酒自販機で売っている。ここで買った場合、帰りながら飲むことはなく、確実に家に着いてから飲むことができる。つまり、チューハイを氷結に限定することで、地下鉄近くの自販機で500mlを買うことを避け、図書館帰りに度数の高いチューハイを2本続けて買うことを避けることができる。
 味の違いはほとんど解らないのだから、度数の高いチューハイは、氷結ストロングに限定しよう。ばたんきゅを減らし、酒の購入を減らすのだ。ストロングゼロ、もぎたては今後買わないよう。

 ハイボールは外食時のみ。飲みたいときは氷結レモンで代用する。トリスを売っている自販機はあるけれど、角をコンビニで買おうという流れになるのが不味い。新商品や限定商品を見つけると買ってしまうので、コンビニ酒購入不可を徹底する。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示