代替不可

2018071721010004.jpg

 7月5日、購入予定だった米を買うことができなかったので、パックごはんで急場を凌ぎ、米を買うのは少し先にすることにした。あくまで、このとき限りの対処だったけど、今後は、米ではなくパックごはんを買ったらどうだろう、ということを考え(7月8日にサトウのごはんを買うのだが、これが神戸物産へ行った最後の日になる)。
 僕が買う米は5㎏で約2000円、パックごはんは3個で300円もしない。夕食がそばの日、うどんの日、ラーメンの日、ごはんと味噌汁の日と分け、麺類とごはんを交互に食べれば、1週間に1度、パックごはんを3度買えば良い。食料少量購入を考慮すれば、米5㎏を買うよりも、パックごはんの方が安い、と思ったんだけどそうではなかった。
 米5㎏で2カ月は持つので1カ月で約1000円。パックごはん10個で約1000円。米より安く済ませるには、パックごはんを月9個以下にしなけばいけない。つまり、1週間でパックごはんを2個買えば、2カ月に1度米5㎏を買うよりは安くなるんだけど、これは机上の空論である。
 夕食がパックごはんだけ、ということはまずない。最低でも味噌汁は飲むだろうし、玉子や納豆やふりかけを掛けるかもしれないし、サバの水煮に醤油を掛けてごはんの上に載せたり、きゅうりの漬物やたくあんや白菜キムチと一緒に食べたり、お茶漬けやレトルトカレーや、って切りがないけれど、ごはんと一緒に食べるとおいしい食品がいくらでもある。
 週に2個のパックごはんでは、食料購入が窮屈になってしまう。例えば、玉子が余ったときに、ごはんがなければ、ゆで卵にするか、目玉焼きにするしかないけれど、ごはんがあれば、玉子かけごはんや目玉焼き載せごはんや玉子チャーハンなどが作れる。ごはんと一緒に食べることで、食材の無駄を減らすことができるのだ。
 そんなわけで、米の購入を延ばすのは良いとしても、パックごはんに代えるのは不可、あくまで急場凌ぎとして買うことに決めた。コスパだけを考えると、毎日の夕食をパックごはんとインスタント味噌汁にすれば、月の食費は(酒代を除いて)4000円以下で抑えることができる。
 ただ、この場合、豊かさがまったくない。いくら食費を減らせても、豊かさのない節約生活が続くとは思えない。毎日パックごはんとインスタント味噌汁では、いずれ発狂してしまうだろうギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!! それに、パックごはんでは、炊き込みごはんを作ることができない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示