残業1万円生活

 いずれブログに書くつもりだけれど、去年の10月11月で時給が30円が上がり、今は950円になっている。すべてが定時でも約5000円、残業を含めれば約6000円給料が増えることになる。ここまでは昇給を聞いたときに考えていたのだが、最近になって不意に、1日の給料を計算してみた。
 
 950×8=7600円(定時)。
 1200×2=2400円(残業)。→正確には1188×2=2376円だけど切り上げる。
 7600+2400=10000円。
 つまり残業1日で1万円を稼げることになる。
 スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!

 これまでは残業時に1時間1200円2時間2400円と念仏のように唱えていたけれど、これからは残業1万円残業1日1万円と考えることでモチベーションを保つことができそう。そしてこれは残業がつらいから休もうと安易に考えてしまうことへの対策にもなる。仕事を休んで給料が1万円減るのは厳しい。ちょっとやそっとの体調不良や感情不良で1万円を逃すわけにはいかない。残業を2日終えれば福原で60分はえろいことができるのだ。週に3日の残業であれば、どうにか続けられるはず。
 定時上がりの給料を切り上げれば1日8000円になるけれど、動機づけの要因には少し足りない。いや、8000円も大金なんだけど。えろいことのできるお金ではない。1万円という響きには敵わない。当然ながら、正確な数字の残業9976円でも心は動かない。1万円じゃないと駄目なんです。
 ともあれ、1万円のために仕事を休まない。残業の日に欠勤しない。そのために、酒を減らして食事も減らす。最低限の体調を維持しておく必要がある。健康で文化的な最低限度の生活を始めるのだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示