大型連休のプラスマイナス

 10連休の影響で──僕の職場は6連休だが──4日分の給料が減って痛いけど、事前に解っていたことなので文句はない。50代凡人さんと違って、連休中にバイトをする気力がないので、連休を無駄にしないよう過ごすだけである。「50代おやじの日記」が消えて4年が経とうとは。平成最後の頑固親父だったのかもしれない。
 世間が10連休のため、家賃の引き落としが延びた。今年に限り、4月末の引き落としが5月初に変わった。かつかつの生活を続けているので、10日とはいえ、大きな支払いが先になるのはありがたい。と喜んだのも束の間、派遣担当から、給料の支払いが遅れることを知らされる。
 給料日が土日祝と重なったときは前倒しでもらっていたけれど、5月初の給料が4月末に振り込まれることはないみたい。金融機関の翌営業日、つまり家賃の引き落としと給料の振り込みが同じ日になった(調べていないけど、NHKの引き落としも同様だろう)。家賃と給料のどちらが先かは知らないけれど、家賃の引き落としが朝と夜の2回なのは確認済み。朝不足だった場合、夜にもう1度引き落とされる(NHKも同様)。家賃が先でも、給料が先でも問題ない。
 連休が明けるまで給料は入らないので、現在持っているお金で6連休を過ごさなければならないけれど、例によってひきこもるだけなので、遊びに行くお金だとか、旅行に行くお金だとかは必要ない。暴飲暴食禁止、過剰な飲み食い禁止。普段と同じ食生活を続けるよう。
 とはいえ連休なのだから、松屋のトマトフォンデュソースのチーズエッグビーフハンバーグステーキ定食、ピザハットのおいしみ4を考えている。松屋はおそらく行くだろうけど、ピザハットをやめて、最寄りスーパの100円ピザを複数枚、あるいは、チルド餃子(または焼売)を複数袋買うという贅沢に変えるかもしれない。
 連休の予定はいつもと同じ。特別な日を作らない。毎日を同じように、時間割通りに、杓子定規に過ごす。執筆、読書、HD、ゲーム、ブログを着実に進める。特に執筆は、集中力が続くのであれば、午前中すべてを使っても構わない(雑用2時間を執筆に回すのは問題ない)。
 酒は昼以降。買うのは2本。多くても1日4本まで。飲まなくて済むのなら、それに越したことはない。ばたんきゅして、パタンを崩すのだけは避けるよう(さすがにこの記事を遅れて公開するわけにはいかないので、どうにか連休前に書けたことに安心している)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示