そして40歳になる

 エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?
 エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?
 エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?

 このブログのプロフィールも、ブログ村のプロフィールも更新していないけど(書き直すのが億劫)、僕は11月で40歳になる。隠しているわけではないのだが、自分から言うつもりはない(どういうわけか、どこの職場に行っても、僕のことを年下だと考える僕より年下の人がいる。みなみの書店で働いていたころは、七歳年下の女の子から君づけで呼ばれていた)。
 職場の人間に年齢を訊かれたとき、何歳くらいです、と曖昧に誤魔化している(住んでいる場所を訊かれたときも、少し離れた場所を答えている。仕事で付き合うだけの人に個人情報を教えたくない)。とはいえ、佐藤友哉や西尾維新、松坂大輔や広末涼子と同い年、市川大祐とは成人式の会場が一緒だった、ということを過去の記事に書いてある。必ずしも、年齢を隠しているわけではない。
 自分のことを、おっさんだとかおばさんだとか卑下する人がいるけれど、僕にはその傾向はまったくない。というか、普通にお兄さんだろう。だから僕は、姪や甥に会うことがあれば、自分のことをお兄さんと呼ばせたい。「お父さんのお兄さんなのだから、君たちにとってもお兄さんなんだよ」という理由で丸め込もう(8年ほど実家に帰っていない僕は、弟の子供に1度も会ったことがない。長女は7歳になっているみたい)。
 僕が40歳ということは、あの子が生きていれば、僕と同じ歳になっているわけだが。その姿はまったく想像できない、というか意味がない(僕が覚えているのは、22歳までのあの子なんだから)。僕が大好きな作家、浦賀和宏が41歳で亡くなったので、来年には同い年になってしまう。憧れの作家と、同じ歳になる日が来ようとは(まだ来ていないのだが)。僕にはやりたいことがいくらも残っているので、とりあえず、もうしばらくは生きているんじゃないかな(と思っても、死ぬときは突然死ぬだろうから諦めましょう)。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示