甲類焼酎

 大抵の店は、10時か11時に開店するから、休みの日の買い物は、その時間まで待たなくてはいけない、とかつては思っていたのだけれど、2008年の夏くらいに調べてみたところ、僕が買い物へ行く店は、ほとんどが朝早くに開店していることが解った。

 トップバリュ製品を扱っているドラッグストアが7時開店。
 例の鉛筆削りを見つけたディスカウントストアが8時開店。
 自宅近くのスーパ(酒店含む)と業務用スーパが9時開店。
 弁当と惣菜以外、安いと思えない激安スーパは24時間営業。
(ATM、平日の手数料無料が、郵便局は8時、銀行は8時45分)
 
 それまでは、休日前、仕事が終わってから買い物に行くことにしていたけれど、買い物の内容によって、休日前に行くものと、休日当日に分けることにした。休日の午前中を費やして買い物に行くのと、10時までに買い物を済ますことができるのは、休日の残り時間がまったく違う。まさかこんなにも、10時前に開店する店があったとは(ん、僕が現在勤めている本屋も、10時前の開店だった)。
 という訳で、今日は朝早くから、開店直後のドラッグストアへ行って、トップバリュの甲類焼酎、20度2.7リットルを買ってきてしまった。本来、酒に使うお金はなかったはずなのに、どうにか捻出した新鉛筆削り代が要らなくなったため、それを酒に費やしてしまおう、などと思ったのが不味かった。どうせ買うなら早い方がいい、とかなんとか考えて。何故か、18歳未満購入禁止の雑誌を買うよりも恥ずかしい。いや、飲まないよ。休日の朝から酒を買いに来てるけど、帰って早速飲んだりしないよ。のんべえじゃないんだよ、などと、心の中で店員に弁解をしつつ。
 酒を飲むのは酔うためで、ロールちゃんのように味を楽しむためではない。とはいえ、安いからと飲めない酒を買っても仕方がない。一時期、いろいろな種類の酒を試して、飲める酒、飲めない酒の選別をした。最初は飲み切りサイズで試し、飲める酒は大きいサイズを買うことにしたのだが、それは当然、飲み切りサイズよりも、大きいサイズの方が、値段が安くなるからだ。中でも、甲類焼酎がもっとも安く買える。
 その果てに、今年の1月、トップバリュの甲類焼酎、25度2.7リットルを買ってしまった。これだけ容量の多い酒を買ったのは初めてだった。それでも、酒に賞味期限はないので、長く持たせれば、それだけ安くなる。これは良い買い物をしたと思ったのも束の間、2.7リットルを、わずか10日で飲んでしまったのだ( ゚д゚)ポカーン これには僕も愕然としてしまった。単純計算で、1日270ミリリットルを、10日間飲んでいたことになる。ううむ、これでは、タカラカップを毎日飲んでいるようなものである。
 これにはさすがに反省したものの、もう今後、酒は一切飲みません、との断言はできないので、大きいサイズは禁止、今後は買っても、缶か小瓶か紙パックが、飲み切りの小さいサイズのみにした。100円ショップで買えば、酒とツマミで210円である。
 それを守ってきたけれど、ここへきて2.7リットルを買ったのは、ここ数カ月、食費や食料を節約できているので、今なら酒も節約できるのではないか、と思ったこと。それと、もしまた2.7リットルを1週間そこいらで飲んでしまうようであれば、今後2度と絶対に、大きいサイズの酒は買わないと決意するため。そして、2.7リットルを長く持たせることができれば、その次は、4リットルの大容量に挑戦するつもりである。金銭的には、1カ月持たせれば充分なのだけど、身体的には、飲まずに済む日は、飲まないに越したことはない。とりあえず、酒を飲むのは休日前の夜のみ、という決まりだけは守るようにしなければ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

賞味期限がなくとも、光や空気に触れるとやはり味はだんだんと悪くなりますよ。もう2ヶ月ほど前に買ったナントカって4リットルのウィスキーはあまり美味しくないのでゆっくりゆっくりとしか減らないのですが、時間が経てば経つほどに空気に犯されてなのか味が悪くなり、減る量が更に少なくなっております。

ああそうだ、不味い酒を買ったらどうでしょうか。なかなか減りませんよ。

No title

名前を忘れていますが、ゆうきさんでしょうか。
確かに、一度蓋を開けてしまうと、じわじわと風味が薄れてしまうのでしょう。どれくらいの期間までなら、美味しく飲めるのかを、試してみる必要がありそうです。それにしても4リットルを買ったのですが、僕は未だ、4リットルには踏ん切りがつかず、2.7リットルが精一杯です。

僕は毎月、5キロの米を買うのですが、10キロを買った方が、かなり安く済むのです。それは解っているのですが、ひと月で10キロを食べることができず、米が痛んでしまうのが解っているため、安くても10キロは変えないのです。

不味い酒は確かに減らないかもしれませんが、滅多に飲まないだろうから、ただでさえ不味い酒が、更に不味くなってしまうのではないかと思います。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示