辞めてやる

 これまでの鬱憤の積み重ねがあって、こんな店辞めてやると憤った訳だけど、多少は信頼できる社員さんと話したことにより、歯止めが掛かってしまった。これまでは、辞めると決めたら、誰にも話さず相談せず、一方的に辞めてしまうことが多かった。相談することもなく、いきなり辞めます宣言をしていた。自分の考えは曲がらないから、どんなことを言われても、辞めることは変わらない、と思い込んでいたのだ。
 これまでと違ったのは、現在の職場には、この人にはとりあえず話しておこう、と思える人がいたことである。本来は、今日で辞めますお世話になりました、と挨拶して終わりのはずだったのに、いろいろと話すことにより、ある程度は落ち着いてきた。冷静に考えれば、突然辞めたら当然店側は困るだろうし、僕の方もお金がまったくない状態で無職になってしまう。腹立たしいので辞めます、という訳にはいかないのだった。ひとりでも、話そうと思える人がいたのは幸いであった。そうでなければ、現時点で無職になっていただろう。まあ、そのときはそのときでどうとでもなる、と考えてしまうのは、僕がこれまで真っ当な人生を送っていないことに拠る。とはいえ、原因である店長の性格はまったく変わらないだろうから、辞める時期が少し伸びただけかもしれない。
 僕と同じような不満を、何人かのアルバイトは持っていて、僕以外にも、同じことを指摘した人がいたようだ。言い方は悪いけれど、店長の性格に難があることは、社員、アルバイトを含め、店員全員が知っている。仕事に対しての不満というのは、店長の性格が大半だから、皆、適当に折り合いをつけてやっているのだ。どんな職場だよ、それは。明らかに店長に向いていない人だってことだろうに。
 その点、女の子は、嫌いな相手でも愛想良く話すことはできるから(これはおそらく小さいころから)、傍目には仲が良いように見える。この辺りの掛け引きが、僕は昔から苦手なのだ。嫌いだと思った相手には、嫌いだという感情があからさまに出てしまう。他の店員は好きでも、あなたのことだけは嫌いですよ、という態度が仕事中に出てしまうことだろう。ううむ、面倒といえば面倒だな。もともと長く勤めるつもりはなかったのだし、これを機会にというのも遅いけれど、書かなければならない原稿を一気に書き上げて、正々堂々とした態度で辞めよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示