そのざき

ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 4 (Gファンタジーコミックス)ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編 4 (Gファンタジーコミックス)
竜騎士07 桃山 ひなせ

スクウェア・エニックス 2009-12-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「俺は雛見沢の前原圭一だ! 村に来て日が浅くても 雛見沢の仲間のために戦ってる!! それを余所者呼ばわりすんじゃねぇ!!」

 『ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編4』を読了。雛見沢御三家、園崎家当主、お魎との対決。大人も恐れる相手に、圭一は立ち向かっていく。権力も存在感も圧倒的で、これまでに相談してきた相手たちとは何もかもが桁違い。話し合いをしているだけの場面なのだが、バトル漫画を読んでいるかのような迫力がある。「なあんとぬかしよんねんこのくそがきゃああ てめーなんざポン刀で叩き斬って井戸に放り込んでやるわ!!」って、怖過ぎるよ、お魎さん。交渉は決裂したかのように思えたが、茜と村長を介して、お魎が圭一を認め、好きにすれば良いという返事をもらったと告げられる。
 それにしても、お魎さんが市長に会いに行ったときの顔が朗らか過ぎる。圭一と戦った人物と同じだとは思えない。自身も圭一に救われたのだろう、茜に対して「圭一の面倒みたったれぇな」とはすごい変遷。これがツンデレというやつか。
 お魎、園崎の力を借り、児童相談所へ5度目の陳情。そうしてついに、悟史の強さに気づいた沙都子が、圭一たちに手を伸ばす。鉄平がすぐ後ろにいる状況で、余計なことを言ったら何をされるかが解っている状況で、受話器越しに、沙都子は相談所の人間に助けを求める。沙都子の勇気、悟史の強さが良く解る。良くやった沙都子。まったく、いい兄妹だよ( ノД`)シクシク… 
 物語が、沙都子救出で終わればハッピーエンドなのだろうけれど、昭和58年6月、綿流しの夜が残っている。そして、終末作戦の始まり──とここまで書いて思い出したけど、黒幕の正体が解ったのは「皆殺し編」だったのか。ルールXYZの解説、羽入の存在も同様に。コミックをシリーズ順に読んでいる読者にとっては、本巻で初めて黒幕の正体が解る訳だが、「祭囃し編」が並行して発売されている状況では、一緒に読んでいない人の方が少ないだろう。
 僕は原作ゲームを順番にやっていったので、初めて知ったときは驚いたような気がする。というのは、ゲームを先行してやっていたものの、その途中でコミックを集め始め、その間にアニメが放送されて、更には小説まで加わったため、どの媒体でどのエピソードまでを読んだのかが解らない状態になっていたからである。錯綜するひぐらし。原作ゲームの第1巻に「正解率1%」というコピーがあったけれど、その理由が解るのは、すべてのエピソードが終わってから。その意味では、並行して同じ物語を何度も読んでいる方が、「雛見沢」という現象が解りやすいかもしれない。
 本巻での竜騎士07氏のあとがきは、これまでにないくらい長くなっている。というのも、このエピソードに込めたメッセージを誤解されないよう、補足説明をしているから。作家によってはあとがき不要、蛇足は不要、読者がどのように考えようとも自由だと考える人もいるけれど、竜騎士07氏は違う。ここまでメジャな作品になるとは考えていなかったのか、現状では、『ひぐらし』に込めたメッセージを、あちらこちらで訴えている。まあ、そこまで徹底するのなら、それもありだろうなとは思う。
 インタビューをいくらか読まれた方は解ると思うけれど、氏の視点は教育者のそれと良く似ている。意外な犯人だとか、予想外のトリックだとか、ミステリ要素は全く以てメインではない。これから初めて『ひぐらし』に触れる人は、ミステリだとかホラーだとか考えず、純粋にエンタテインメントとして見れば、とんでもなく楽しめると思うよ。って、感想が長くなり過ぎ。これでも控えて書いたのだけど。(2010/04/26)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示