かいじん

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)摩天楼の怪人 (創元推理文庫)
島田 荘司

東京創元社 2009-05-30
売り上げランキング : 31667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「はじめて出遭った温情か……。だがそれは、あなたが探さなかっただけだ」

 島田荘司氏の『摩天楼の怪人』(文庫版)を読了。第6回本格ミステリ大賞の最終候補作(2票差で、東野圭吾氏の『容疑者Xの献身』が大賞受賞)。舞台は、1969年のニューヨーク、マンハッタン。53年に及ぶ物語の謎を解くのは、コロンビア大学助教授、弱冠20歳の御手洗潔。50代の御手洗潔の物語が続いていたので、若き御手洗の活躍が読めるのを、とても楽しみにしていた。そして、御手洗の挑戦する謎が、半端ではない不可能犯罪。これは期待しないはずがない。のちに石岡くんと知り合って、多くの冒険をすることになるのだが、それらが霞んでしまうような謎の数々。
 また、事件は、1969年現代、更に1921年、1916年に遡る。21世紀という新世紀に、20世紀初頭の物語を書いている訳だが、古臭さを感じさせず、飽きることなく読めた。携帯電話やパソコンが登場していなくとも、物語が面白ければ、年代などまったく気にならない。まあ、外国人の名前は相変わらず覚えにくかったけれど。(2009/11/06)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示