欠勤連絡が面倒

 派遣社員が仕事を休むときは、派遣担当と派遣先の職場へ連絡をしなければいけない(僕が登録している派遣会社では)。派遣で働くのは初めてだったので、初欠勤のときは工場にだけ連絡をして部屋で寝ていたんだが、当時の派遣担当から電話があって、こちらに連絡をしてくれないと困る、とお叱りを受けた。考えてみれば、欠勤連絡をどちらにすれば良いのかを、担当に訊いてから休むべきだった。以降、担当と工場へ連絡をするようになった。
 当初は、工場へ電話を掛けると、事務員が出て、欠勤を僕の上司に伝えてくれていたのだが、今年になって、上司に取り次がれるようになった。これまで通り、上司に伝えてくれれば良いだろうに、おかしな具合になって困惑していた。後日、欠勤や遅刻の連絡は、事務員ではなく直属の上司に直接話すように、という指示が全従業員に徹底された。これは多分、社員が休んだときの進捗状況を報せるためだろうけど、社員に言われた仕事だけをやっている僕には意味がない。
 さらにその数カ月後、欠勤や有休を取るときは、派遣も届を出するように言われた。社員や嘱託、直接雇用の人たちはこれまでも届を出していたけれど、それが派遣にも適用されるようになった。つまり、当日欠勤をした場合、工場にいる上司と派遣担当に連絡をして、出勤以降に、欠勤届を出さなければいけない。派遣に対する利点は増えないのに、不備だけが増えるがなんとも(社員と派遣の待遇差については、「派遣なんだかなぁ」という記事で書く予定)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

サーキュレータの使い方と暑さ対策

サーキュレータ
 窓から仕切り扉に向けて風を通す。
 パソコン使用時はパソコン方向に。
 窓側の真ん中に置く。
 強を下向きで。弱中は静か。
 熱が籠もったときは上向きに。

クーラ
 暑いときには入れる(今年は暑い期間が長いので尚更)。
 電気代が高くなるのは、8月9月(支払い)の2カ月くらい。
 28度から30度で3時間タイマのくり返し。
 サーキュレータと併用する。角度は上向きに。

麦茶
 670mlのペットボトルを冷凍庫のドアポケットに入れ、冷えたらサーモスに移す。

部屋着
 半袖Tシャツ、半袖ポロシャツ、ハーフパンツ(灰と青)を使用。裾を切ったジーパンはこの夏で捨てる。

 去年の夏、壊れそうなタワーファンに変えて、サーキュレータ生活を始めたので、今年が2度目のサーキュレータ生活。去年の経験を元に、より良い使い方を模索した結果が上記である。首振りサーキュレータを買えば、風向きや置き場所の問題はなくなるのだが、壊れてもいないサーキュレータを買い替えることはできない。Until Death Do Us Part──僕かサーキュレータのどちらかが、壊れるまでは使い続けよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

臨時休業の過ごし方

 台風21号の接近で急遽休みになった今日をどう過ごそうか迷ったけれど、いつもの休日通りに過ごすことにした。早くに目が覚めてしまったので、起きてすぐの執筆はできず、HDのあとになってしまったので、前倒し執筆は週末こそ試さなければ。雨が降る前にと、10時過ぎにセブンイレブンへ行き、食パンとスライスチーズと冷凍唐揚げを買う。今日も酒は飲まない。帰ってから読書を進めて、10時30分ころに雨が降り始める。
 12時過ぎて昼食。ラーメンにチーズと唐揚げを載せて、スープに食パンを浸して食べる。「メアリと魔女の花」を見始めたものの、このタイミングで雨風が強くなり、トタン屋根をばっきばっきにしてやんよというくらいに騒がしく、ついうっかりベランダを開けたら、いろんなものが空中を舞っていて、雲の流れがとんでもなく早い。このような風景は滅多に見ることができないと、危険だから窓を閉めろと思いつつも、しばらく眺め続けていた。そのため、2時間の番組を3時間掛けて見てしまう。
 ブログを書くか書かないかは迷ったんだけど、いつもより遅れて「豪遊第3期」を書き進める。夕方になって雨風が収まり、晴れ間が見えたので洗濯物を干す。読書のち夕食。ここまではパタン通り。20時以降、ゲーム、パソコン、HDとパタン通りに過ごせば良いのだが台風も過ぎたことだし、郵便局のATMへ行くついでに、淡麗生を買ってこよう。チューハイじゃなければ大丈夫、明日から酒は週末のみを徹底しよう、というへたれた理由で出掛けようしたところ、雨が降り始めてきたので洗濯物を取り込む。やはりやめようかと思ったんだけど、唐揚げとスライスチーズが残っていることもあり、傘を差して外に出た。
 ここで初めて、玄関前の通路がひどい事態になっていることに気がつく。1階じゃないのに、床上浸水するところだった。駐輪場もひどい有様で、何台もの自転車が倒れて積み重なっていた。僕は昨日、二方を壁に囲まれた場所に、自分の自転車を移動させておいたので、風で倒れることはなかった。郵便局へ行く途中、辺りはひどい有様だった。テレビのニュースで見たような、あるいは見ていないような被害が、自宅近くでも広がっていた。
 それはそれで大変なんだけど、郵便局へ行く道がやけに暗い。全く以て明かりが点いていない。気をつけてATMまで辿り着くと、停電のためATMは使用できません、という貼り紙があって納得した。目的は両替で、お金は昨日引き出していたので問題ない。ただ、酒を買えなくなったのが不味い。
 本来は「郵(ATM)の呪い」で書くつもりでいた情報なんだけど、郵便局へ行く途中に酒屋があり、酒屋の前には自販機がある。この自販機で淡麗生を買うつもりだったけど、自販機も電源が落ちていた。すぐ近くにあるスーパも真っ暗である。この辺り一帯が停電しているみたい。まさか、僕の部屋から歩いて5分の場所でこのような被害が起こっていようとは。管理会社にはいろいろと文句はあるのだが、僕のアパートが停電しなかったことに感謝しよう。なまねこなまねこ。
 とはいえ、雨の中を濡れながら手ぶらで帰ることは避けたい。明かりの点いている方向を目指し、セブンイレブンが営業しているのを確認した(朝行った店である)。淡麗生を買ってすぐに帰ろうとしたところ、350mlが見つからない。って、なんでやねん。先月ようやく、500mlの購入を1本だけにしたのに、ここで買うことは避けたい。しかし、淡麗生以外を買うのは躊躇われる。別の棚を見てみると、なんと秋味が売っているではないか。僥倖っ……! なんという僥倖っ……!
 そんなわけで、秋味を2本買って帰ってきた。秋味を飲みつつ、唐揚げとスライスチーズを食べてしまうんだ。と考えていたのものの、台風による休業なんて滅多にないだろうし、今日の出来事をブログに書いておこうと思ってしまい、予約投稿するはずだった記事を別の日に変えて、この記事を書いている。ただ、僕には1日の出来事を順番に書くことが難しい。これが理由で、1記事1内容が基本になっている。
 夕食以降、パタンが崩れてしまったのだが、今年最強かつ平成最強かつ今世紀最強の台風が来たので仕方がない。一般の人が書くような記事をたまに書くのも良いだろう。いつも以上に時間が掛かってしまったけれど、記事を書き終わったので、あとは秋味を飲むだけだよ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

台風の接近で明日の仕事が休みになる

 それだけなら良かったんだけど、いずれかの土曜が出勤になる、あるいは、久し振りの3連休が普通の土日休みになるだろうから、素直に喜べない。同じ轍を踏まないよう。とはいえ、今週の仕事が水木金の3日になるのは助かる。振替出勤がいつになるかは解らないけれど、今のところは喜んでおこう。
 今度こそ本当に、酒は週末のみを守るのだ、と決めたタイミングで明日が休みになったので、休日前だから酒を買っても良いではないかと考えそうになったけど、帰りに吉野家で牛丼(特盛)を食べるだけで済ませた。普段は並盛なので、特別な特盛である。
 全く以て酒を飲まない日は2カ月半振り。このままの調子で──たった1日だけなんだが──月火水木の4日は酒を飲まない生活を始めるのだ。そんなわけで、明日の仕事は休みだよ。無駄に過ごさないようにしなければ。みたいなブログを、突然に書いたら駄目だって。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

かつ煮と豚汁(ぶたダブル)

2017111811400000.jpg

 かつ煮397円。
 豚汁105円。
 (2017年11月18日購入)

 セブンイレブンのカツ丼は食べたことがあるので、かつ煮を買って、ごはんに載せることにした。フリーズドライの安くてうまい豚汁も購入。弁当屋でおかずだけを買うことはないけれど、コンビニやスーパの惣菜の場合、ごはんは自分で用意することが多い(セブンプレミアムの牛皿を買った覚えがあるのだが、こちらの写真は残っていない)。
 クリアクーラー シャルドネサワーは、期間限定商品だからこその購入である。クリアクーラーは、2017年8月以降はやめている。みたいな説明を過去の写真を上げるたびに書くのは面倒だな。気づく人だけ気づけば良い、勘違いされても構わない、というスタイルにしよう。

 この記事を書いているのが、2018年8月26日なんだけど。ブログに上げる写真しか撮っていないのに、携帯電話の撮影可能枚数が残り17枚しかない。「今日の食事」が思いの外長く続いているためである(同時期に始めた「人間関係」はほとんど進んでいないのに)。ブログに上げている写真はもう必要ないので、それらを消して撮影枚数を増やそう。
 というか、着実に終わりへ近づいている「今日の食事」なんだけど、200回を超えてしまうかもしれない。100回記念で、200回記念はソース差しを紹介しようと書いたけど、あれはジョークである。僕はソース差しなんて使っていない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

こんちくしょうを引き摺らない

 「しあわせスパイラル」を目指しているものの、悟りを開いたわけではないので、苛立ちや腹立ち、こんちくしょう、と思うことはいくらでもある。朝のムカつきを仕事中も引き摺るとか、仕事でのムカつきを帰るまで引き摺るとか、平日のムカつきを休日まで引き摺るとか、それを理由に酒を飲むとか、とんでもなくアホらしい(ひどいときは、過去のムカつきを思い出して、あるいは、未来のムカつきを想像して飲んだこともあった)。
 こんちくしょうと思ってしまうのは仕方がない。ただ、それを引き摺らない、ぐだぐたと考えないように。仕事中なら、仕事に集中する。仕事以外のときは、何も考えないか、別のことを考える。とにかく、不穏な感情が続きそうになったら、「はい、おしまい」で強制的に打ち切る。掛け声は──心の中のことで実際は声に出さないんだが──べつになんでも良い。諦めが強いのなら、「まあいいや、どうだって」でも構わない。こんちくしょうは数秒で終わらせる。これに慣れないことには、生きていくのがつら過ぎる。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

盆休みの過ごし方(2018)

 過剰な飲み食いはしなかったけど、ほぼ毎日、酒とつまみを買っていた。セブンイレブンで、旨辛ハバネロシリーズ(厚切りポテトスナック、ポテトチップス、ひねり揚げ、とうがらしあられ等)が売っていたので、それをつまみに酒を買い続けてしまった。その結果が、連休6日で8643円の食費。これまでの1万円超えに比べると少ないけれど、1日平均1440円は買い過ぎ。盆休みだからと考えないようにしていたものの、やはり連休なんだからと託けてしまった。盆休みをきっかけに、酒をやめる、あるいは、1本のみにするという目標は果たせず。
 初日にクリアブレンドとタカラカップを買ってばたんきゅしたものの、2日目以降は、大きな崩れもなく、ほぼパタン通りに過ごすことができた。6日連続、酒飲み執筆、酒飲みブログ書きを続けてしまったのがなんとも。酒を飲んで執筆が早くなることはない、むしろ遅くなることが改めて解った。酒飲み執筆、酒飲みブログ書きをやめろ。
 そんな状況で考えたのが、執筆を前倒しすること。パタンを前倒しにしようと決めたのに、最初の執筆から遅れてどうするのか。起きたらすぐに書き始める。そうすれば、以降の予定も前倒しになり、多少の余裕ができるはず。これを試すことで、朝から酒を買うという意味のないことをやめるのだ(この件については、別の記事で詳しく書くかもしれない)。
 本来なら、連休2日目の日曜に食料を買っていたのだが、食料購入をできるだけ引き延ばしてみようと考えた。残った食材と食料が連休中になくなり、最終日に玉出へ行って、食事と食料を一緒に買うという妙な状況になってしまった。盆休みだから平日に買いに行ったけど、仕事の帰りの平日に食料を買いに行くわけにはいかない。余計なものを買う機会が増えてしまう。試したばかりではあるけれど、食料購入の引き延ばしは諦めて、週に1度の食料少量購入を徹底することにしよう(この件については、別の記事で詳しく書くかもしれない)。
 連休なんだから、と連休中に考えないことは難しいと解った。休日でも連休でも、酒は多くて2本までと考えるべきだった。以降、実践するように。「別の記事で詳しく書くかもしれない」と書いているのは、記事の分量を少なくするため、書けない記事を増やさないための対策である。これは僕の都合なんだけど、ブログを効率良く書くために、「重ね書き」を採用している。今日の記事は昨日の記事の続きではないので、読まれる方は注意されたい(公開までの時差があるだけで、特に問題はないのだが)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

パンの耳

ちょいパクラスク チョコ味
 今年2度目の「LPLF」の更新。正確にはランチパックではないのだが、最寄りスーパで75円。「ランチパック」を作るときにできるパンの耳という文言に惹かれて買った。安くてうまいお菓子みたいで、買うのは構わないけれど、「ちょいパクラスク」を見掛けたのは初めてである。今後、買う機会はないかもしれない。

ランチパック
「いちじくジャム&れん乳ホイップ」「たまご」「ピーナッツ」「シュガーマーガリン」「メイプル&マーガリン」「ツナマヨネーズ」「グラタンコロッケ」「ホワイトシチュー」「3種のミックスフルーツ入りクリーム」「生キャラメルクリーム」「プリン風クリーム」「マンゴークリーム&ホイップ」「小倉&マーガリン」「ハム&マヨネーズ」「メンチカツ」「富士宮やきそば」「みたらし団子風」「フライドチキン」「軽井沢産キャベツメンチカツ」「ヨーグルト&レモン」「オムライス風」「なめらかチョコクリーム」「ロースハム」「苺ジャム&マーガリン」「ムースカスタード」「濃厚チョコレートクリーム」「濃厚カスタードクリーム」「濃厚キャラメルクリーム」「塩バニラクリーム」「カルピス 3種のクリーム」「ソース焼きそば&マヨネーズ」「キリマンジャロコーヒークリーム&ホイップ」「ハム&チーズ」「和栗クリーム&ホイップ」「ティラミス風味」「鶏そぼろ&マヨネーズ」「苺ジャム&マーガリン」「チョコクリーム&ホイップ」「チーズ&カレー」「チョコ&カスタード」「カレー」「焼きそば」「ジャーマンポテトとコールスローサラダ」「ブルーベリージャム&レアチーズ風味クリーム」「パンプキンクリーム」「とりそぼろ&マヨネーズ」「ハンバーグ アイオリソース&デミグラスソース」「たまご&ケチャップ」 「コロッケ」「カスタード&ホイップ」「ボロネーゼ」「抹茶ホイップ&つぶあん」「ブルーベリージャム&マーガリン」「深煎りピーナッツ 粒入り」「カフェオレクリーム」「てりやきチキン&たまご」「塩キャラメル(淡路島の藻塩使用)&ホイップ」「4種のおいしさ」「フイッシュフライとたまご」「ティラミス風」「ツナ&チーズ」「ハンバーグ」

ちょいパクラスク
チョコ味

ラクふわパック 
「たまご」「豚まん風」「和風チキンマヨ」「ミートソースハンバーグ」「コロッケ&たまご」「ハンバーグ&カレー」「ボロニアソーセージ」「フライドチキン」

ロールちゃん
「チョコクリーム」「ホイップクリーム」「秋の収穫祭」「抹茶&小倉」「miniザクザクチョコ」

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

さだまさしベスト(1996~2018)

1996年 奇跡 大きな愛のように
1997年 道化師のソネット
1998年 主人公
1999年 風に立つライオン
2000年 それぞれの旅
2001年 ジャカランダの丘
2002年 道(はないちもんめ)
2003年 長崎から
2004年 まほろば
2005年 君を信じて
2006年 帰郷
2007年 掌
2008年 (なし)
2009年 いのちの理由
2010年 (なし)
2011年 案山子 HOME SWEET SONGS(アルバム収録曲すべて)
2012年 (なし)
2013年 (なし)
2014年 (なし)
2015年 問題作 意見には個人差があります
2016年 豆腐が街にやって来る
2017年 たくさんのしあわせ
2018年 きみのとなりに

*諸般の事情により、「3000日×3333記事」は、「さだまさしベスト」になりました。何卒、ご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コーヒー1杯、だし汁2杯

2017111719100000.jpg

 僕が使う計量スプーンは大さじだけで、小さじと小さじ2分の1は使っていない。インスタントコーヒーを飲んでいたこともあり、すべてティースプーンで代用していた。要するに、調味料の分量は適当である。かけそば、かけうどんのつゆを作るとき、顆粒だしをティースプーンに1杯入れていたけれど、2杯入れるとうまくなることが解った。贅沢したいときにだけ、だしを2杯入れていた。

2017111719160000.jpg

 ここで1度、ティースプーンの容量がどれくらいなのかを調べてみることにした。2017年11月16日のことである。
 計りがないので、どうすれば良いのかと迷ったけれど、ヤマキのだしが1袋4gなので、これを利用することにした。ぴったり2杯分だったので、ティースプーンは1杯2gだと解った。ティースプーンと小さじが同量だと考えている人が多いけど、僕が使っているスプーンには適用されない。情報を鵜呑みにせず、自身で試すのが良い。
 そんなわけで、インスタントコーヒーはティースプーン1杯、かけそば、かけうどんのつゆ、味噌汁を作るときは、だしを2杯入れることにした(コーヒーは水180mlくらい、そば、うどん、ラーメンは水400mlくらい)。だしは2杯がもっともうまい、と感覚的に解っていたけれど、それがだし汁の適量であることが証明された。
 そばにしろうどんにしろ、1袋4g入りの顆粒だしを使えば良いだけのことなんだが、神戸物産で売っている、160g入りの顆粒だしを買うことが多いので、ティースプーン2杯を目安にしよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

突然の定時には 驚いたけど 嬉しかった

 台風の接近で、残業がなくなり定時になった。台風による早帰りは去年もあったけど、ここ最近、地震大雨や台風の影響が続いている。大雨で休業になったときは、臨時休暇に喜んだのも束の間、土曜を振替出勤にされて幻滅しているので、台風による休みではなく、定時上がりがちょうど良い。
 欠勤のときもそうだけど、このように突発的な事態に陥ると、ブログを書いてしまう傾向がある。とはいえ、これ以上はやめよう。思いも掛けず早くに帰ることができたのだから、週末の録画に向けて、HDをがつがつと減らそう。この記事を書き終えたら、パソコンの電源は切るよ。ぷちん☆
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

やさぐれてばかりの月

 6月に入った新しい派遣に対しては、なんだかなぁ、と思うほどの不満はなくなったけど、同じ月に入った新しいパートに対しては、こんちくしょう、という思いが強くなっている。早々に辞めてくれることを期待していたのだが、図太く図々しく、8月以降も仕事を仕事を続けている。先方が辞めてくれるかもしれない、という祈りは届かなかったみたい。未だに願い続けているんだが。
 新しい派遣は別部署で別の作業場だから、不満があっても耐えられただろうけど、新しいパートは同じ部署で同じ作業場のため、これを理由に仕事を辞めたいほどである。7月に入って有休を取得したものの、全く以て貯金がないので、すぐに辞めることができない。いや、できないことはないけれど、収入が途絶えると、今より面倒な状況に陥ってしまう。それを避けるため、最低限のお金を貯めるまでは、今の仕事を続けるしかない。
 新しく入ったパートのおばさん、いや、ばーさんに対してこんちくしょうと思うことが多過ぎて、毎日むかついている。挨拶はしない、使ったものを片づけない、困ったときにだけ頼ってくる、いい歳した大人が、どうして最低限の礼儀さえ守れないのか。4時間しか働けないのに、フルタイムの仕事に応募してくるとかわけ解らん。とばっちりは、すべて僕が受けているのだ。
 この辺りの不満をすべて書いて、むかつきを吐き出してしまおうと考えていたけれど、書こうとするだけで余計にむかついてしまう。書いて落ち着くこともあるけれど、冷静に、客観的に書くことができない状況で書くべきではない。相手にしない、争わないようにする。まあいいや、どうだって、と諦めるしかないだろう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

代替不可

2018071721010004.jpg

 7月5日、購入予定だった米を買うことができなかったので、パックごはんで急場を凌ぎ、米を買うのは少し先にすることにした。あくまで、このとき限りの対処だったけど、今後は、米ではなくパックごはんを買ったらどうだろう、ということを考えた。
 僕が買う米は5㎏で約2000円、パックごはんは3個で300円もしない。夕食がそばの日、うどんの日、ラーメンの日、ごはんと味噌汁の日と分け、麺類とごはんを交互に食べれば、1週間に1度、パックごはんを3度買えば良い。食料少量購入を考慮すれば、米5㎏を買うよりも、パックごはんの方が安い、と思ったんだけどそうではなかった。
 米5㎏で2カ月は持つので1カ月で約1000円。パックごはん10個で約1000円。米より安く済ませるには、パックごはんを月9個以下にしなけばいけない。つまり、1週間でパックごはんを2個買えば、2カ月に1度米5㎏を買うよりは安くなるんだけど、これは机上の空論である。
 夕食がパックごはんだけ、ということはまずない。最低でも味噌汁は飲むだろうし、玉子や納豆やふりかけを掛けるかもしれないし、サバの水煮に醤油を掛けてごはんの上に載せたり、きゅうりの漬物やたくあんや白菜キムチと一緒に食べたり、お茶漬けやレトルトカレーや、って切りがないけれど、ごはんと一緒に食べるとおいしい食品がいくらでもある。
 週に2個のパックごはんでは、食料購入が窮屈になってしまう。例えば、玉子が余ったときに、ごはんがなければ、ゆで卵にするか、目玉焼きにするしかないけれど、ごはんがあれば、玉子かけごはんや目玉焼き載せごはんや玉子チャーハンなどが作れる。ごはんと一緒に食べることで、食材の無駄を減らすことができるのだ。
 そんなわけで、米の購入を延ばすのは良いとしても、パックごはんに代えるのは不可、あくまで急場凌ぎとして買うことに決めた。コスパだけを考えると、毎日の夕食をパックごはんとインスタント味噌汁にすれば、月の食費は(酒代を除いて)4000円以下で抑えることができる。
 ただ、この場合、豊かさがまったくない。いくら食費を減らせても、豊かさのない節約生活が続くとは思えない。毎日パックごはんとインスタント味噌汁では、いずれ発狂してしまうだろうギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!! それに、パックごはんでは、炊き込みごはんを作ることができない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示